ブレた就活は面接官にも見抜かれる!?就活の軸で一貫性を。 – 職レポ
  1. HOME
  2. 職レポ放送局
  3. テクニック
  4. ブレた就活は面接官にも見抜かれる!?就活の軸で一貫性を。
テクニック

ブレた就活は面接官にも見抜かれる!?就活の軸で一貫性を。

就職活動において、必ずやらなければならないことの1つが軸を決めることです。

志望動機や併願企業は面接でも突っ込んで聞かれる場合が多いです。根拠を持って自分の考えを伝えられるように、あらかじめ軸を決めておきましょう。

まずはここでいう就活の軸が何を指すのかからお話ししていきます。

就活の軸(基準)とは!?

就活の軸とは、企業選びの際の基準となるものです。

業種であったり、給与水準であったり、勤務地であったり、みなさんにも希望があり、その希望に合っているかどうかによって、企業の志望順位を決めていきます。

別記事でもまとめましたが、早期離職や内定辞退を避けるため、企業は選考の際に志望動機や志望順位を非常によく見ています。

動機に関してはよく考えられているか、企業の方針や社内風土にあっているかが見られます。

ESや面接で話す場面も多いので、就活の軸を決め、「私はこういう基準で就職活動を行なっています。だから御社を志望しているのです。」とはっきり答えられるようにしましょう。

就活軸は無数にある!?ちょっと変わった軸でブレた就活に一貫性を。

志望している企業群によっては面接やESで意外と苦戦するのが志望動機です。

同業種の企業で併願している場合、他社の選考状況を聞かれた際は素直に併願している企業を伝えてしまえば良いのです。

もちろん、企業研究は入念に行った上で、その時々に受けている企業の強みを伝え第一志望であると伝えましょう。

でなければ、うちでなくていいよね?と言われ、考えの甘い人という印象を与えてしまいます。

また、素直に答えないという方法もありますが、

「うちを受ける人はB社も受けてる人が多いけど、どうして受けないの?」といったような、探りを入れる質問もあります。

とっさに上手く切り返せる自身がなければ素直に答えてしまうほうが無難でしょう。

志望動機や志望している企業群を問われた際に、どういった軸で企業選びをしているか、そしてその理由を答えるべきです。

業種で絞っているのであれば、なぜその業界にいきたいのかを答えることになるので比較的想像しやすいと思います。

難しくなってくるのは業種や職種がバラバラの場合です。

例えば、商社、金融、保険で併願していたり、コンサルと開発を併願していたりと業種や職種がばらけることは多いと思います。3、4業種にまたがってしまった場合、どういう基準で自分がその企業を選出したのかをじっくり考えてみましょう。

何か共通点があるはずです。

もちろん順番はどちらからでも構いません。先に就活軸を決め、それに沿って企業を選んでいく方法でもよいです。

ただ、オススメとしては2、3社は自分が入りたい企業をあげてみて、その共通点から軸を決め、再びその軸を元に企業選びをするという方法です。

いきなり軸を決めるという作業は、既に業界研究、企業研究を行い、いきたい企業群がぼんやりとでも決まっている方はよいですが、1から始める人には難しいと思います。

なんとなく気になるという企業から調べ、入社したいと思うかどうかを考えてみて、そこから広げていきましょう。

さて、それでは本題のちょっと変わった就活軸についてです。ちょっと変わったというのは奇を衒ったということではなく、業種や職種ではないという意味です。

参考までに例をあげていきます。

  • グローバルに活躍できる企業
  • 若手が成長できる企業
  • インセンティブがある企業
  • 新規事業に取り組み続けている企業

などです。

このように業種や職種以外にも軸となり得るものはたくさんあります。

自分が志望する企業がいくつか決まったら、魅力をなるべく多く書き出し、共通点を見つけていきましょう。

共通点に優先順位を付け軸を決める。

共通点を出せたら、続いて優先順位をつけていきましょう。欠かせないもの、参考程度のものなど、それぞれあると思います。ただ、中には面接等で話しづらい軸もあります。

例えば、残業が少ないことがあなたの軸だとしても、それは企業に対してアピールはしづらいですよね。

別の軸を面接ではアピールし、残業の量は「企業を選ぶ際に見ている点」程度に留めましょう。

つまり、ESや面接用の軸企業選びの軸と2種類作る必要があります。

つまり、共通点の中から企業選びの軸としては、素直に優先順位をつけて軸を決めます。一方でESや面接用の軸は共通点の中から企業に対しいアピールしやすいものを選んで軸にします。

具体的にアピールしやすいものについて話していきますが、

単純に、仕事への意欲成長志向企業そのものへの好意が伝わるものを選びましょう。

  • 企業方針に好感を持てる
  • 成長できる仕組みがある
  • 成果主義である
  • 事業の成長性が見込める

などです。もちろんまだまだたくさんあります。

「成長できる仕組みが企業にあるかどうかで企業選びをしています。」

成長志向の高さが伝わりますよね。もちろんどのように成長したいのか、将来どうなりたいのか、なぜ成長できる環境が重要なのかを話す必要は出てきますので、軸は選んで終わりではありません。

ここまでの流れをおさらいします。

興味のある企業をいくつか出す

 

それらの企業の魅力を書き出す

共通点を見つけ、優先順位をつける

企業選びの際に妥協できないものが企業選びの軸に、仕事への意欲や企業愛が伝わるものをESや面接用の軸にする。


さて、ここまで就活の軸の重要性、決め方をお話ししてきました。

志望動機や併願企業を問われる場面は今後必ず出てきますので、

一貫性を持って答えられるように、作っておきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。